睡眠薬の効果・服用の注意点は?快眠のススメ

睡眠薬の効果・服用の注意点は?快眠のススメ
眠れない夜が続いていて、それが大きなストレスとなってしまっている人は睡眠薬を利用するのも一つの手。

ドラッグストアで購入できる「ドリエル」などの睡眠改善薬では効き目が薄いと感じている人の場合、処方薬クラスの薬剤で睡眠効果を得ることが可能です。

睡眠薬の効果について説明していきましょう。

ようやく眠れた!睡眠薬の効果とは

ようやく眠れた!睡眠薬の効果とは
睡眠薬には不眠の悩みを改善してくれる効果があります。

夜なかなか寝付けない「入眠障害」や夜中何度も起きてしまう「中途覚醒」、起床時刻よりも早く目が覚めてしまう「早朝覚醒」、寝た気がせず睡眠不足となってしまう「熟睡障害」などの症状に有効です。

しかし睡眠薬は不眠の原因根本を改善してくれる薬ではありません。
睡眠の妨げとなる不安や緊張等の精神的ストレスを一時的に緩和し、睡眠を促す補助の役割を果たします。

効果の現れ方が薬によって違う

現在の睡眠薬で主流なのが「超短時間作用型」の薬剤です。即効性があり、服用してから30分~1時間ほどで眠りを誘います。
薬の切れがよく、翌日まで薬の作用が残りにくいです。

その他には短時間型、中間作用型、長時間作用型があり、作用時間が長いほど翌朝へ影響が残りやすくなります。

これらは睡眠障害の症状に合わせて選ぶ必要があるでしょう。
詳しくはコチラ

ベンゾor非ベンゾ、効果が高いのは?

現在使われている睡眠薬のほとんどはベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系です。
両方とも脳の興奮をおさえるGABAの働きを促進させ、心身をリラックスさせる働きがあります。

睡眠効果としてはこの二つに差はありません。違いは筋弛緩作用があるかないか。先に開発されたベンゾ系にはありますが、非ベンゾにはありません。
筋肉を緩める作用があるベンゾ系は副作用のふらつきを起こしやすいのですが、非ベンゾはより睡眠効果だけに特化した薬剤となっています。

気をつけよう!服用の注意点

気をつけよう!服用の注意点

睡眠薬で良質な睡眠をとることで、寝不足によるストレスなどを軽減することができます。
ですが効果と副作用は裏表一体。安全に睡眠薬の効果を得るには正しく服用しましょう。
睡眠薬の副作用もチェックしてみる

薬を摂取する際は以下の点に注意してください。

・用法・用量は必ず守る
どんな薬でも言える事ですが、用法や用量は必ず守った上で摂取しましょう。
薬が効かないからといって自己判断で薬の量を増やしたり、気分を安定させるために使用するといった乱用は、薬の依存や副作用に繋がってしまいます。

・アルコールと一緒に飲まない
アルコールは薬の作用を強めてしまい、副作用が強く現れます。
記憶がとんでしまったり、異常行動やふらつき等が酷く出てしまう危険性があるため絶対に避けてください。

・食後しばらく経ってから服用する
睡眠薬は食後すぐに飲むと、薬の成分が吸収されづらくなってしまいます。とくに効果がすぐに現れる超短~短時間作用型の睡眠薬は飲むタイミングが重要です。
服用後はふらつきなどが現れる場合もあるので安静にしましょう。
それを踏まえると、食後しばらく経ったのち、睡眠薬を摂取した後にすぐ布団へ入った方が安全です。

・長期間の服用は避ける
薬の長期服用によって身体が薬に慣れてしまい、強力な作用のある睡眠薬を求めるようになるリスクや、薬が無いと寝る事ができない依存に走ってしまう可能性があります。非ベンゾ系の睡眠薬は従来の物よりも依存リスクは軽減されていますが、やはり長期間使用することは避けてください。
薬によって睡眠効果を得るのは一つの手段とし、常用しないようにする事が重要です。

効果が高い処方薬クラスの睡眠薬。賢く使用して良質な眠りを手に入れましょう。

Posted by KONNO


PAGE TOP